CMS

  • CMS
  • 運用管理プラン
  • コンサルティング

イメージ画像

制作会社に支払うお金や時間がもったいないので、自分で更新したい

ウェブ上で気軽に更新するシステムが増えています。自社のウェブページもCMSを導入
すれば、専門的な知識が無くても手軽に自分で文字修正や画像の差し替え、新しいページ
の作成が可能です。

最近は多くの企業がCMSに注目し導入を進めています。
そのため今まで主流だったホームページ作成ソフト(ホームページビルダーなど)では更新
作業を行わず、CMSを利用して誰もが簡単に更新をしている企業が増えてきました。高機能のCMSになると承認機能や会員限定公開機能などが付いてきますので、中小企業から大手企業まで導入範囲は広いです。
以下に主なCMSの特徴を挙げました。

※CMSとは「Contents Management System」の略です。
CMSはシステムカテゴリ名であり商品名ではありません。

WordPressで構築するCMS

WordPressはデータベースに直接アクセスしてページを構築するため、更新がスピーディーです。しかし、ユーザーの環境に左右される点は否めません。またWordPressで構築するときはサイトの構造がブログサイトのようにタイトルと本文の入力枠しか必要ないシンプルな構造に限定しています。比較的大きなサイトや大きくなりそうなサイトについてはMovableTypeのご利用をお願いしています。また、WordPressは日本語ローカルサイト運営チーム(日本の有志)が管理・運営にあたっているため、サポートは存在しません。トラブルなどの際はフォーラムを活用して解決策を導き出しているため、公式な回答を得ることは難しいです。

WordPress

メリット デメリット
  • ブログソフトウェアでポピュラー
  • プラグインを導入することでコメントスパム(コメントの有害な大量送信)を除外出来る
  • プログラムの作成(問い合わせフォームやスケジュールカレンダー機能など)がしやすい
  • プログラムを動かす為のドメイン・サーバーを準備しなければならない
    最新の推奨環境はこちらでご確認下さい。
  • phpで機能するため、表示速度がサーバーの性能やユーザーの環境に左右される。
  • 公式の配布元からのサポートが受けられない

MovableTypeで構築するCMS

MovableTypeは日本企業の利用者が多く、日本の法人企業によるサポートもついています。他のCMSはホームページを見るたびにウェブデータベースにアクセスするので、アクセスが急増するとホームページの読み込みが不安定になり最悪サーバダウンの恐れもあります。MovableTypeはHTMLファイルをあらかじめ作り置きしているので、データベースにアクセスしません。そのため、サーバダウンになる可能性は少なくなります。

Movable Type

メリット デメリット
  • ユーザー環境に依存しない
  • 公式の配布元からのサポートが有る
  • 複数のブログの一元管理がしやすい
  • プログラムを動かす為のドメイン・サーバーを準備しなければならない
    最新の推奨環境はこちらでご確認下さい。
    (※但しクラウド版はこれに限らない)
  • ライセンス費用が掛かる
  • 「再構築」という処理が有る為、ページの更新に時間が掛かる
MovableTypeライセンス費用
WordPressはライセンス費用は掛かりません
Movable Type公式サイト
CMS要件整理 ヒアリング等 50,000円(参考価格)
CMS初期設定・インストール 50,000円(参考価格)
CMSカスタマイズ 200,000円(参考価格)

お問い合わせ・お見積りはこちら【お見積りのご相談だけでも承ります】

※お見積りのご相談だけでも承ります

お問い合わせ・お見積りはこちら【お見積りのご相談だけでも承ります】

お問い合わせフォーム

TEL:03-6240-3830■営業時間:月~金(9:00~18:00)

お問い合わせフォーム

ページ先頭へ